ギャラリー(シマシマ工房)七井土の灯 

日本の伝統シマ織物を洋服にして、百貨店、ギャラリーで展示販売をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

心理的ケア

そごう千葉店での出展の最中・3月11日
突然の地震に遭い、それでも出勤、帰宅を
繰り返し、その後無事、搬出をしてきました。

事後処理も一段落し、ほっとしてから
時々心臓がドキドキするようになりました。

11日の大地震をデパートで経験して、
ここで私の生涯は終わりかもしれないと
まで思いました。
自宅にバス3台とタクシーを乗り継いで
帰ったときも、テレビで流れている
大参事に心が痛みましたが、自身があれほど
二度とあんな経験はしたくないと思っている
現実が、何故か希薄なのです。

物事に集中できないのです。

頭の中に薄い壁か幕があるようで、
言葉やいろんなことをシャットアウトして
います。

夫が亡くなった時と同じ症状です。
夫の時は現実感がダイレクトに響くように
なったのに、3年くらいかかりました。

その時ほどひどくはなく、今回は本当に
軽いものですが、これが心的外傷後ストレス
障害かと今朝、思いました。

外に出て庭を眺めたり、草むしりをして
いると、ほっとするのですが、家に入ると
ドキドキが始まります。

自分でも何かがオカシイと分かってはいるの
ですが、思うように出来ないし、はかどりません。

ああ、これが心的外傷後ストレス障害なんだ
と、初めて分かりました。

不思議なもので、この症状は心的外傷ストレス障害で
軽いものだと分かるだけで、症状などは改善しなくても
昔の経験から、時間の経過で落ち着くと分かっています。

認識するだけでも、違ってくると思います。



被災された方々は、今は気持ちを張り詰めているでしょうから
少し心が緩んだ時に、心的外傷後ストレス障害がおこるかも
しれませんね。

被災された上に、心がコントロールできなくなるのは
本当に辛いことでしょう。2重3重の災害です。

ただ、認識するだけでも違ってきますし、
今回地震に遭った時に、一緒に出展中の仲間がいました。

同じ場所で恐怖感を共有でき、励ましあったことも
力になっている、と思います。



これから、心理的ケアが必要になってくると思いますが、

このような大参事にご無事であったこと

よく頑張られていること、どうぞご自分を慰労してください。


私は夫が亡くなった時に、自分自身に非があるように自分を
せめましたが、冷静になって考えると、私よくもがんばったと
思えるようになりました。


ましてや突然の大参事、生きておられることで十分です。
自分自身を褒めてください。

被災者の方々がご無事なことが、私たちの力になっているのです。




96時間ぶりに救助された方もおられますので、

どうぞどうぞご無事でおられますように。



東北の寒さは半端じゃなく、今日から真冬並みの
寒さになると伝えられていますので、本当に心配です。

くれぐれも気をつけてください。











スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Re: NoTitle

> この半月あまり、異常事態が続いていて人の事に気が廻らなかったのですが
> 今日ブログを見ました。当日は大変だったのですね。
> 停電もあってまだストレスも多いと思いますが、どうぞおだいじに。
>
>
> ミナミ(managoはブログのニックネームです)



ミナミさま

コメントとご心配、ありがとうございます。

まだまだ原発、計画停電など不安定な状況が
続いていますので、ミナミさまもくれぐれも
お気をつけてください。

店主 中島民惠 | URL | 2011-04-04(Mon)10:23 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。