ギャラリー(シマシマ工房)七井土の灯 

日本の伝統シマ織物を洋服にして、百貨店、ギャラリーで展示販売をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

そごう千葉店 9Fで加茂縞織洋服展示販売中

加茂縞織洋服展示販売中

そごう千葉店

10月13日(火) ~ 10月26日(月

9階 こだわり趣味の街 特設会場


今回の加茂縞織洋服展示販売のコンセプトは
「私の小さな美術館」です。

加茂縞織は、加藤孝一先生、請関邦俊さん
昨年佐倉市の美術館に展示された
正木隆さん の 絵、斉藤由妃子さんの壷や玉子の
陶器、チギラフミ子さんのランプやアクセサリー
手織り・草木染の奥野セツ子さん・・・、とそうそうたる
メンバーと一緒に美しく輝いています。

ぜひ秋のひと時、小さな美術館にお出かけください。

そして自分のための文化・時間・空間を
お楽しみください!

スポンサーサイト

PageTop

わ~い!また延長で~す!!

そごう千葉店の加茂縞織展が
好評のため、さらに1週間延長
しま~す!

そごう千葉店 9F(特設会場)

10月26日まで延長です

9Fのポイントポイントに案内ボードが
用意されています。

本当にオシャレな会場になっています。

テーブルと椅子もあり、ゆったりと
加茂縞織製品と会場をお楽しみいただけます。

ぜひお出かけください。




もう昨晩ですね。そごう千葉店から帰って
お風呂に入ろうとしたら、灯油(我が家は
灯油で沸かします)なかったらしく、お湯が
沸かず、近くのガソリンスタンドまで
文句タラタラ言いながら(気がつかなかった
自分が悪いのにねー)買いにいきました!

今、意識朦朧状態でブログに取り組んで
います。

変なおばさんがもれなくついている
「そごう千葉店」加茂縞織展示会場に、
見に来てください ネ!

PageTop

 舞台は整いました!

明日から「千葉そごう」で
加茂縞織洋服の展示販売をします!

千葉そごう 9F

10月13日 ~ 10月19日


今日、製品の搬入とレイアウトを
してきました。

レイアウトの方は、手伝ってもらい
とてもオシャレで文化的な楽しい
舞台になりました。

小道具に絵があり、壷あり、ランプあり
・・・です。


加茂縞織は新潟県加茂市の伝統織物です。

江戸時代の縞模様を現代によみがえらせ
ています。加茂縞織を愛用していると、
江戸の庶民はとてもオシャレで質の良い
物を着ていたんだと、改めて思います。

現在、加茂縞織の織り人は一人のみになりました。
吉田佶延さんという方です。

本日は吉田佶延さんのプロフィールをご紹介
します。



      

加茂縞織り職人  吉田佶延(よしだ よしのぶ)

・1943年7月2日 生

・大学卒業後、ごく自然に家業の加茂縞織を継ぎ、
40年以上織り続けている。

・私の両親が昭和28年(1953年)頃に
加茂縞織を家業として始めた頃は、
織り元が10軒ほどありましたが、
今では私のところの1軒のみになってしまいました。
加茂縞織はもともと普段着や野良着、夜具
(主に布団)などの日常品の生地として作られていました。

加茂縞織は、シャトルを飛ばして織る方法の
豊田式織機という古い織り機で織っていて、
現代では、最新式の織り機と比べるとかなり
効率は悪いと思います。ただ、加茂縞織は、
生産性を重視して織っているわけではなく、
昔に普段着として着ていた時と同様に、
加茂縞織独特の風合い・味わいを大切に、
着心地に重点をおいて作っています。
そのために、自身でも加茂縞織を常に着ています。
着る毎に体に馴染んでくる着心地の良さは、
何ものにも替えがたいと自負しており、
また、縞という模様は単純だけれど、
独特で個性的、かつモダンであり、
布文化の一端を担えるものだと確信しています。

・1981年(昭和56年)、父・吉田誠次が、
伝統的工芸品産業功労者としての
表彰を受ける。 

      


吉田佶延さんはプロ職人として本当に
良い物を製作していますが、シャイな方で
ようやくプロフィールをお聞きし、文章に
起こすことができました。

吉田さんの織り布に対する思い、姿勢、
また、加茂縞織を織る人が吉田さん
のみの貴重な布・・加茂縞織。

貴重なデザイン性のあるオシャレで着心地の良い
加茂縞織洋服をお見せする、楽しい舞台が整い
ました。

ぜひお越しください。そしてお楽しみください!

PageTop

次回は千葉そごう9Fです

加茂縞75 花水木
加茂縞織リバーシブルパッチワークコート


10月13日(火) ~ 10月19日(月

千葉そごうデパート  9F(骨董品、ステンドグラス売場近く)

問合せ 090-3474-5247(中島)
      0432-45-2111(そごうデパート)



今回の展示販売場所は、いつものところと違い
骨董品売場の奥にあり広いスペースになります。

それでいつもの展示の仕方と違い、小道具
(絵や壷・・・など)を配置し、来て頂いた方に
十分楽しんでいただける空間にしたいと思います。

是非、いつもと違う空間をお楽しみにお出でください。

よろしくお願いします。



PageTop

次回の展示販売をお知らせします

次回の加茂縞織展示販売は


千葉そごう店 9F

10月13日(火) ~ 10月19日(月

どうぞよろしくお願いします

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。