ギャラリー(シマシマ工房)七井土の灯 

日本の伝統シマ織物を洋服にして、百貨店、ギャラリーで展示販売をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夫様

このところお休みをしたら、気が緩んだのか
口内炎に腰痛、頭痛でハーハー言いながら、
少しずつ家事をしたり、どうしても出かけな
ければならない用事をしたりしていました。

こんな時のひとりは心細いです。

身体が悪くなると心も弱くなってきます。


そんなこんなの今朝、夫の夢を久方ぶりに
見ました。

あまりに身体がしんどいので私も寿命かなー
なんて思っていたら、夫が帰ってきた夢で、
何故だか夫を送っていったら、途中で見失い
私の携帯(なんで携帯なんじゃ・・笑ってし
まう)が鳴り「もうついてくるんじゃない、
家に帰りなさい」と懐かしいいつもの声がし
ました。

また、夫の夢を見る前に、私がバスの運転手
をしていて、何故だか後方で運転しているの
です。道路に人がいない時にはそれでもオッ
カナビックリしながら、無事に目的地には着
けましたが、大勢人がいる時には危なくて走
れません。それで私はできないと思い代わり
の運転手さんを探している時に夫の夢をみま
した。

目が覚めて直ぐに、あれ、後ろで運転してる。
そうか、私は後ろに引いていた!前で運転し
なくてはダメじゃん!前ならばよく見えるし
ね、と思い至りました。

今、ギャラリーの今後の企画に自信が無く、
アイデアも湧かず、悩んでいた最中でした。

夫が出てきてくれたお陰で、目が覚めました。
また、元気が出てきました。

神様、仏様、夫様でした。




スポンサーサイト

PageTop

わーい! 57歳!

20070421162529
さき始めた庭の藤の花


昨日、57歳になりました。

56歳は、大切なパートナーを
亡くしたとてもつらい年でしたが、
私が変わる時でもありました。

守られる立場から、一つひとつ
自身で決定し、手探り状態ですが、
歩き始めました。

新しい仕事も始めました。

本当に心がふるえて、怖くて眠れ
ない日も続いたり、動けなくなる
日もありました。今でも一人にな
ると否定的な感情が襲ってきます。

それでも踏ん張って、一つひとつ
自身で決めて進んでいこうと思い
ます。

また、真の思いやりをしりました。
たくさんの温かい気持ちをいただき
ました。

関わっていただいた人たちに心から
感謝申し上げます。

そして夫,息子に感謝します。

最期に、私に、よくがんばったね。

バンザーイ! 57歳!




PageTop

大阪は楽しい!

20070125161420

道頓堀極楽商店街


20、21日と大阪に行ってきました。

息子のパートナーさんのご両親に
お会いするために、息子とパートナーさんと
私の3人で箕面のご自宅に伺いました。

六甲山と箕面公園がみえる10階の
マンションのお部屋で心温まるおもてなしを
していただき、幸せな気持ちになれました。

よい出会いとご縁ができました。

ご両親とパートナーさんと息子に感謝です。



写真は21日にパートナーさんに連れて行って
もらった、道頓堀のビルの中にある「道頓堀
極楽商店街」です。大正末期から昭和初期にかけ
ての古きよき街並みを再現しています。

古い懐かしい看板がたくさんありました。


昔、紙芝居をみながら型抜きをしたお菓子を売って
いる駄菓子や、たこ焼き屋、お好み焼き屋、ごっつい
当たる?道頓堀占い横丁、ゑびす座(メイドインオオサカ
の芝居小屋・・これ見れなかった、ホンマニオシイ!)
等など・・・楽しかったー!

人情活劇ミュージカル「あゝ 極楽子守唄」は単純明快な
しっかりした構成で、演技も上手で手抜きが無く楽しめました。
みていて爽快感がありました。

子どもの頃に帰ったような、もう少し昔かー!
時間がなくて少ししかおれなかったのが残念でした。

また行きたいなー!




PageTop

くいだおれ人形

20070122095345横山やすしさんに似せた


くいだおれ人形。若い人たちが


記念撮影をしていたので、


私もパチリ。

PageTop

夫の死

昨日、夫の元会社の方と私の元勤め先の方が
新盆を前にお焼香に来てくださいました。
感謝申し上げます。

夫は今年の3月30日に癌で急逝しました。あまりの
突然のことに夫自身もそうだったと思いますが、
家族はなかなか信じられませんでした。

私は、今も完全に夫が亡くなったことを受け入れ
られません。心のことは自身の総括も含めて時間
とともに解決して行こうと思っています。

夫の死があり、癒される動物たちもいて、この
仲間たちと家を維持していくために、息子や友達
に相談をしギャラリーを開くことになりました。

ギャラリー経験の友達が、コンサルタントを引き
受けてくれまして、本当に親身になっていろんな
ことを教えて貰っています。灯に地名を入れた方が
いいよとアドバイスをしてくれたのも我コンサルタ
ント様です。感謝申し上げます。

この名前は私もとっても好きで、長生村の七井土の
ギャラリーとして、地元の方に迎え入れていただけれ
ば嬉しいなと思っています。

「ギャラリー七井土の灯」は、来てくれた人がホッと
できる場所でありたいな。スローライフをテーマに、
動物達と一緒に、畑を耕したり、庭を手入れしたりと
田舎暮らしを満喫しながら、文化や楽しいことの発信
地になれればいいな、と思います。






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。